【録音】 通常発信と050plusの音質を比較!

050plusの音質・通話品質を徹底レビュー!

050plus音質検証

今回は、自宅の固定電話とスマートフォンの通話をリニアPCMレコーダーを使用して、実際の通話音質を録音してみました。

 

スマートフォンでIP電話の導入を検討している方は、参考にしてみてください。

 

録音機材 : TASCAM DR-05
マイク : OLYMPUS TP8
使用音源 : Voice Text SHOW(※音声が再生されます。)
モヤモヤさまぁ〜ずでお馴染みのHOYAサービス株式会社様のVoiceText「SHOW」さんのサンプル音声を利用させて頂きました。

 

今回の検証方法は、テレフォンピックアップマイクを携帯電話・固定電話の受話部にセロテープで固定し、
ICレコーダーで録音をしてみました。

 

そして、4通りの音質を録音し、検証してみました。

 

・相手の聞こえ方検証 (携帯電話側で音声を再生)
 1.固定電話→携帯電話
 2.固定電話→050plus

 

・こちらの聞こえ方検証 (固定電話側で音声を再生)
 3.携帯電話→固定電話
 4.050plus→固定電話

 

発話側は、PCスピーカーにてサンプル音声を再生し、
スピーカー部分から、5cm程度のところで固定しています。

 

 

050plusのアプリ内機能として、テスト通話機能がありますので、
実際に自分の耳で確かめてみたい方は、ダウンロードして使って見て下さい。
ダウンロードは無料です。
050 plusダウンロード

 

よりリアルな環境で通話品質・音質のテストを行う為に、
今回は、このテスト通話機能は使わずに、実際に通話して録音しています。

 

 

【相手の聞こえ方検証】
テレフォンピックアップマイク接続

 

早速、録音データを掲載してみます。

 

【再生】 1.固定電話→携帯電話

 

【再生】 2.固定電話→050plus

 

正直、音質の差はあまり無いように思います。

 

 

 

【こちらの聞こえ方検証】
テレフォンピックアップマイク接続
今回も地味に、セロテープで固定して。笑

 

こちらが、録音データ。

 

【再生】 3.携帯電話→固定電話

 

【再生】 4.050plus→固定電話

 

 

050plusがリリースされた当初の音質は、途切れ途切れだったり、
遅延がひどかったり、全然使えたものでは無かったのですが・・・。

 

この検証記事を書いている時点(2013年12月)では、
十分、実用に値する、音質になっています。

 

いかがでしたでしょうか?
050plusの音質比較・レビューということで、参考になれば嬉しいです。

 

050 plusダウンロード

 

あと、スマートフォン向けIP電話サービスについて、
勘違いしていらっしゃる方もいるようなので、メモ程度に書いておきます。

 

050番号を取得するメリットでもある、050番号同士の無料通話に関して、
全ての050番号同士が無料通話の対象になる訳ではありません。

 

050plusの場合、050plus以外でも、提携プロバイダーであれば、無料通話の対象となります。
無料通話対象ユーザーの多さ・提携プロバイダーの多さ(260事業者)では、
その点でも、050plusがダントツですね。

 

提携プロバイダーだけでも、契約件数は300万件オーバーです。

 

G-CALLやその他IP電話サービスは、同サービス同士でしか、無料通話の適用となりません。